【中山記念】トーセンスーリヤ 久々も態勢万全!小野師「先週でほぼ仕上がった」

2021年02月24日(水) 06:00

 着々と態勢を整えてきたトーセンスーリヤ

 「中山記念・G2」(28日、中山)

 6カ月半ぶりとなるトーセンスーリヤ。3走前の新潟大賞典を重賞初挑戦V。その後は宝塚記念7着、札幌記念6着とトップクラスを相手に健闘したものの、爪の不安で休養を余儀なくされた。

 態勢を立て直し、2021年初めから順調に乗り込んできた。小野師は「今回は普通の休み明けじゃないから何とも言えない。ただ、ここを目標に、先週でほぼ仕上がった」とうなずく。17日の1週前追い切りは美浦Wで5F67秒5-39秒8-12秒8をマーク。「動きは良かったし、獣医師さんに見てもらったら“心臓も悪くないです”と。あとは実戦に行ってどうかだけ」と及第点を与えている。

 20年は15勝の小野厩舎だが、21年は既に8勝をマーク。現在、勝利数は全国リーディング6位タイ(関東3位タイ)につけている。指揮官は「特に何か変えたわけじゃないよ。変えたからといって、すぐに成果が現れるわけでもないからね」とあくまで自然体を強調する。とはいえ“流れ”が来ているのは間違いなく、この好調の波に乗りたいところだろう。

 待ちに待った厩舎の看板馬が再始動。まだまだ勢いは止まらない。

関連情報

みんなのコメント

現在のコメント数
非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す