【弥生賞ディープ記念】ダノンザキッド併走馬に6馬身半先着 始動戦Vへ仕上がった

2021年02月25日(木) 06:00

 併走馬を楽々とかわしたダノンザキッド(左)

 「弥生賞ディープ記念・G2」(3月7日、中山)

 2020年の2歳王者らしい、力強い走りで併走馬を一瞬にして置き去りにした。無傷3連勝でホープフルSを制したダノンザキッドは、栗東CWで6F81秒0-38秒6-11秒9の好タイムを計時。1馬身半先行するエスト(5歳3勝クラス)を直線半ばで楽にかわすと、6馬身半先着した。

 21年初めてまたがった川田は「順調なのが何よりです」と納得の笑み。安田隆師も「しっかりと動けていましたね。いい状態で挑めそうですよ」と仕上がりの良さに自信を見せた。

 準備は着々と進んでいる。クラシックへ向けての始動戦に、指揮官は「無敗のままいきたいですね」と勝ちにこだわる。主役の座は譲らない。土つかずのまま、王道を突き進む。

関連情報

みんなのコメント

現在のコメント数

【重要】コミュニティ健全化の取り組みについて

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す