田所秀孝調教師の引退コメント

ラジオNIKKEI

2021年02月28日(日) 15:05

最後の出走を終えた田所秀孝調教師(c)netkeiba.com

2月28日をもって引退する田所秀孝調教師(栗東)は、阪神7レース5番サウンドテーブル(藤懸貴志騎手)が最後の出走(5着/9頭)となった。

田所秀孝調教師のコメント

「騎手として、調教師として何十年にわたって競馬サークルで仕事をしてきて、無事にこの日を迎えられて感謝しています。全ての馬が思い出深いですが、その中であげるとすればやはりエリモハリアー函館記念三連覇、桜花賞に1番人気で向かったクロフネサプライズニホンピロバロンでの障害GI制覇が印象に残っています。これまで栗東市にお世話になってきたので、引退後はボランティアをして恩返しできればと思います」

(JRA発表による)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

アクセス数

もっと見る

    注目数

    もっと見る

      ニュースを探す