ガルフストリームパーク AWトラックの導入を検討

2021年03月08日(月) 11:40

 北米フロリダ州の基幹競馬場であるガルフストリームパークが、オールウェザートラックの導入を検討していることがわかった。同競馬場を所有するストロナーク・グループで、フロリダ競馬担当役員を務めるビル・バジェット氏が、デイリー・レーシング・フォームの取材に対し明らかにしたものだ。

 ガルフストリームパークが敷設を検討しているのは、北米ではプレスクアイルダウンズ競馬場やゴールデンゲート競馬場、英国ではウルヴァーハンプトン競馬場などが使用している、タペタというブランドの人工素材だ。ガルフストリームパークの馬場は現在、外側が1周9ハロンのダートコース、内側が1周8ハロンの芝コースとなっているが、計画によると、内側にある芝コースを2つに分け、その外側部分にタペタを敷設。内側は、芝コースとして残すとしている。すなわち、ダート、オールウェザー、芝という、3つの異なる路面で競馬を施行したいというのがガルフストリームパークの目論見だ。

 バジェット氏は、人工素材敷設に関する技術的な問題点や、日程的な問題点をクリアした上で、オールウェザートラックの導入を正式に決めることになるとコメントしている。

(文:合田直弘)

関連情報

みんなのコメント

現在のコメント数
非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す