ドバイワールドCは混戦模様 米のシャーラタンとニックスゴーが帰国で確たる主役不在

2021年03月18日(木) 06:00

 「魁!海外馬券塾」(17日)

 サウジCを勝ったミシュリフがドバイシーマCに出走。そして、逃げ争いを演じた米国のシャーラタンとニックスゴーがドバイへ転戦せず帰国した結果、今年のドバイワールドC・G1(27日・UAEメイダン)は確たる主役不在の混戦が予想されている。

 数か月前までほぼ無名の存在だった米国馬ミスティックガイドが、現在ブックメーカーのオッズで1番人気となっている。2走前のジョッキークラブGC・G1で2着に入り、前走はG3を圧勝と将来性は感じるが、今回は一気の相手強化が鍵となる。ブリーダーズCダートマイル、ペガサスWCでともにニックスゴーの2着に入ったジーザスチームが実績的には優位だ。

 地元勢のミリタリーロー、サルートザソルジャー、ハイポセティカル、ザグレートコレクションは、走るたびに着順が入れ替わる力関係で比較が難しい。

 全馬がバテるスタミナ勝負になったサウジCでしぶとく伸びて3着のグレイトスコットは、サウジアラビアNo.1の実力馬で今回も要注意の存在。チュウワウィザードはサウジのダートが合わなかった印象で、あれがこの馬の実力ではない。メイダン競馬場のダートへの適性次第では、上位争いに加わっても全く驚きはない。(海外遠征コーディネーター・田中敬太)

関連情報

みんなのコメント

現在のコメント数
非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す