【大阪杯】コントレイルが一番時計!栗東坂路4F50秒1 始動戦へ向けパワーアップ

2021年03月18日(木) 06:05

 着々と態勢を整えるコントレイル

 「大阪杯・G1」(4月4日、阪神)

 全身からオーラが漂っていた。2020年、無敗で牡馬クラシック3冠を制したコントレイルは17日、福永を背に栗東坂路へ。いつもよりやや重心が高めなフォームながら、刻んだタイムは水曜の一番時計4F50秒1-37秒2-12秒6。自己ベストを更新して、改めて脚力の高さを示した。

 矢作師は「スピード調教をやっておきたいところがあった」と意図を説明。昨秋は長めの距離を意識したつくりだったが、2000メートル戦を考慮して調教内容をシフトさせている様子だ。

 先週金曜に続いて感触を確かめた福永も「しゃーっと走らせたら(この時計が)出た。スピード能力が高いね」と力強い。“伝説のJC”2着以来となる21年の始動戦へ向け、「パワーアップしている」と主戦&トレーナーは口をそろえた。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す