【海外競馬】ドバイのモハメド殿下がアーモンドアイ陣営を表彰、ルメール騎手がベストジョッキーに

2021年03月28日(日) 03:34

2019年ドバイターフを制したアーモンドアイとルメール騎手(撮影:高橋正和)

 ドバイ首長のモハメド殿下が、世界の競走馬や競馬関係者を表彰する『Horseracing Excellence Awards』の今年の受賞者が現地時間27日、同表彰のホームページで発表。

 同表彰はドバイワールドカップデーに合わせて発表されるが昨年は中止となったため、今年度は2019年3月30日から2020年12月31日までの活躍が表彰基準に。

 昨年引退した日本のアーモンドアイがベストホース、主戦のクリストフ・ルメール騎手がベストジョッキー、馬主のシルクレーシングがベストオーナー部門で表彰され、6部門中3部門をアーモンドアイ陣営が占めた。

 そのほかの3部門は、ベストトレーナーがイギリス及びUAEに厩舎を持つチャーリー・アップルビー調教師、功労賞がアメリカのジェリー・ベイリー元騎手、ファン投票による『ピープルズチョイス』がイギリスのホリー・ドイル騎手だった。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す