【大阪杯】コントレイル試練3着 王者の末脚不発で涙雨 矢作師「馬場に尽きる」

デイリースポーツ

2021年04月05日(月) 07:00

 まさかの3着に終わったコントレイル(撮影・佐々木彰尚)

 「大阪杯・G1」(4日、阪神)

 無敗の4歳牝馬が2強をまとめて撃破した。4番人気のレイパパレがハナを奪い、後続を寄せ付けず4馬身差V。2着は6番人気の伏兵モズベッロ。1番人気の3冠馬コントレイルは3着、G1・4連勝を狙った2番人気のグランアレグリアは4着に終わった。

 午後から強く降りだした花散らしの雨が、単勝1・8倍を背負ったコントレイルに試練を与えた。文字通りの重馬場に力をそがれ、いつもの爆発的な末脚は不発。好敵手グランアレグリアに競り勝っての3着死守が、せめてもの意地だった。

 道中は中団やや後方を追走。「思っていたよりも後ろになった」と福永が話すように、前半の行きっぷりはひと息だった。それでも「動いて行かなければいけない立場」と腹をくくり、3角過ぎからスパート。王者らしい振る舞いは見せたが、最後は「こういう馬場状態で、脚が上がってしまった」とまさかの敗戦に肩を落とした。

 隔離先でモニター観戦した矢作師は「ツイてない。2、3時間遅ければ。馬場に尽きる」と敗因を分析。馬体重は前走比16キロ増の472キロ。「これ以上ない出来で臨めた」と仕上げには胸を張るが、今回に限っては「勝ち馬が強かった」と無敗牝馬をたたえた。

 今後は鳥取県の大山ヒルズに放牧へ。「宝塚で巻き返すしかない」。全勝を誓った今季初戦で、道悪対策という課題が浮き彫りに。だが、現役最強馬として次戦は絶対に落とせない。

関連情報

みんなのコメント

ニュースコメントを表示するには、『コメント非表示』のチェックを外してください。

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • 『コメント非表示』にチェックを入れると、すべてのニュース記事においてコメント欄が非表示となります。
  • ※チェックを外すと再びコメント欄を見ることができます。
    ※ブラウザを切り替えた際に設定が引き継がれない場合がございます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す