【大阪杯】レイパパレ“完逃”勝利 2強撃破!無傷6連勝で一気頂点

デイリースポーツ

2021年04月05日(月) 07:00

 鮮やかに逃げ切ったレイパパレ(中央左)=撮影・石湯恒介

 「大阪杯・G1」(4日、阪神)

 無敗の4歳牝馬が2強をまとめて撃破した。4番人気のレイパパレがハナを奪い、後続を寄せ付けず4馬身差V。無傷6連勝でG1初タイトルを手にした。鞍上の川田と管理する高野師は、桜花賞エリザベスタワー)でもタッグ結成。次週の仁川も盛り上がりそうだ。2着は6番人気の伏兵モズベッロ。1番人気の3冠馬コントレイルは3着、G1・4連勝を狙った2番人気のグランアレグリアは4着に終わった。

 春の仁川でニューヒロインが誕生した。2強ムードをあざ笑うかのように、G1馬の座に登り詰めたのは4番人気のレイパパレ。無傷6連勝で見事に頂点をつかんだ。

 出負け気味も二の脚で先団に取り付くと、そのまま迷わずハナへ。道中はピタリと折り合いをつけて好リズムを刻んだ。直線はまさに独壇場。馬場のきれいな真ん中に持ち出し、追いすがる強豪たちを尻目に歓喜のVゴールを駆け抜けた。新馬戦から手綱を取る川田は、高松宮記念ダノンスマッシュ)に続いて2週連続G1制覇。「本当にすごいことをしたなと思います。素晴らしい馬です」とパートナーのパフォーマンスをたたえた。

 前走のチャレンジCは勝ったとはいえ、気性の若さを露呈する内容だったが、4カ月の休養期間を経て心身ともに充実。改善点をクリアしての勝利には高野師の喜びもひとしおだ。「前回のように、暴走ではなかったですからね。反省を生かして調整できましたし、牧場、厩舎スタッフと一生懸命にいい仕事をしてくれました」。昨秋、照準を合わせていた秋華賞で無念の除外となったが、デアリングタクトの輝かしい蹄跡の裏で着々と戦歴を積んできた。小柄なディープインパクト産駒がやってのけた大仕事に笑みが絶えない。

 戦前、指揮官はこう語っていた。「競馬とは、元を正せばどの馬が一番強いのかを競うもの。一番強い馬に挑戦するのも一つの向き合い方だと思った。僕自身、可能性を感じているし、ないと思っていたらこの挑戦はない」。現役2強をまとめて打破したとはいえ、未対戦のデアリングを含め、まだ倒すべきライバルはズラリ。これまで以上に、チャレンジャーとして貪欲に勝利を求めていく。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す