【大井・東京スプリント結果】リュウノユキナが3連勝で重賞初制覇!柴田善は約10年ぶりの地方交流V

2021年04月14日(水) 20:13

1番人気リュウノユキナが初重賞制覇(撮影:高橋正和)

 14日、大井競馬場で行われた第32回東京スプリント(4歳上・JpnIII・ダ1200m・1着賞金2700万円)は、激しい先手争いを見る形でレースを進めた柴田善臣騎手騎乗の1番人気リュウノユキナ(牡6、美浦・小野次郎厩舎)が、直線で外から先頭に立ち、ゴール前で急追した2番人気サブノジュニア(牡7、大井・堀千亜樹厩舎)をアタマ差凌いで優勝した。勝ちタイムは1分11秒5(不良)。

 さらに3/4馬身差の3着に5番人気キャンドルグラス(牡7、船橋・川島正一厩舎)が入った。なお、3番人気ベストマッチョ(セ8、川崎・佐々木仁厩舎)は6着に終わった。

 勝ったリュウノユキナは、父ヴァーミリアン母ネオカラーその父クロフネという血統。ジャニュアリーS(OP)、大和S(OP)に続く3連勝で重賞初制覇を果たした。鞍上の柴田善臣騎手は2011年クラスターC・1着以来、約10年ぶりの地方騎乗(大井は約14年ぶり)を見事勝利で飾った。

関連情報

みんなのコメント

現在のコメント数

【重要】コミュニティ健全化の取り組みについて

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す