サトノレイナスがダービー参戦 ウオッカ以来14年ぶりの牝馬V目指す

2021年04月22日(木) 06:30

 桜花賞で2着に敗れたサトノレイナス

 サトノレイナス(牝3歳、美浦・国枝)がダービー(5月30日・東京)に参戦することが21日、発表された。鞍上は引き続きルメール。2020年の阪神JFで2着惜敗後、ぶっつけ本番で臨んだ桜花賞は直線で猛然と追い込んだものの、2戦連続で白毛馬ソダシに届かず2着に敗れた。

 国枝師は「桜花賞は負けたけど力は見せてくれたし、牡馬相手でもいけるんじゃないかと。オークスもあるが、オーナーの希望もあり、ルメールさんとも相談して決めました」と語った。牝馬の参戦は14年レッドリヴェール(12着)以来7年ぶり。桜花賞後も在厩で調整し、07年ウオッカ以来、14年ぶり史上4頭目の牝馬Vを目指す。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

アクセス数

もっと見る

    注目数

    もっと見る

      ニュースを探す