【青葉賞】かつての理想サイズ「470キロ牡馬」アオイショー“中型馬最強説”を実証するか/トレセン発秘話

東京スポーツ

2021年04月29日(木) 18:00

青葉賞に出走予定のアオイショー(c)netkeiba.com、撮影:下野雄規

 古馬混合の芝GI10戦で牝馬が9勝を挙げた昨年同様、今年も牝馬の活躍が著しい。大阪杯を制したレイパパレに続き、先週の香港・クイーンエリザベスII世CはラヴズオンリーユーがV。今週の天皇賞・春も68年ぶりの牝馬Vが期待を集めている。おそらく今、生産界に何かが起きているのだろう。アーモンドアイを擁した国枝厩舎の鈴木勝美助手が、牝馬の“確変”理由を次なる推論で展開したことがあった。

「牡馬と牝馬の力の逆転現象は、ひょっとしたら馬体重と連動しているのかも。昔は470キロが牡馬の水準だったが、いまや500キロ超もザラに。その巨体化が案外、安定した能力発揮を難しくさせていないだろうか。対して小柄だった牝馬が、今は昔の牡馬サイズだからね。思えばディープインパクトも440キロと軽量だったし、アスリートたる競走馬にすれば、今の牝馬のサイズが理想的である可能性もありそう」

 昨年に唯一、牡馬が面目を保ったレースが天皇賞・春であり、それを制したフィエールマンの馬体重は480キロ前後。無敗の3冠馬に輝いたコントレイルが460キロ前後である点は、実は見逃せない資質なのかもしれない。

 さて、今週のGII青葉賞(5月1日、東京芝2400メートル)は“理想サイズ”470キロの牡馬アオイショーに期待してみた。管理する中舘英二調教師いわく「道中タメればズバンと伸びる」瞬発力が最大の持ち味だ。

 昨年のGIホープフルSは7着に終わったが、当時のメンバーで新馬勝ち直後の参戦は同馬1頭のみ。「今後に向けていい経験になればと思って使ったが、直線はしっかり伸びて強い相手に善戦してくれた」と指揮官が振り返る通り、マークした上がり36秒4(最速タイ)は非凡な素質の片鱗を示す数字でもあった。

「前走(山吹賞=1着)は青葉賞を見据えた仕上げではあったが、過去のレースぶりから自己条件なら何とかなると思っていた。まだ馬は子供だし、完成も先。それだけに大事にやっている現状だけど、左回りや距離延長に不安はなさそうだからね。4戦目でどんな競馬ができるか楽しみ」

 昨年暮れのGIを含めてデビューから3戦すべて最速上がりを記録。曽祖母フラワーパーク、父ロードカナロアから受け継ぐスピードを、過不足なきボディーで生かしてきたとも言えよう。素質馬が集うダービーTRも前出・鈴木助手が放つ「中型馬最強説」を実証するのか。大いに注目したい。

(美浦のナイスミドル・山村隆司)

関連情報

みんなのコメント

現在のコメント数

【重要】コミュニティ健全化の取り組みについて

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す