【米・マンノウォーS】チャンネルキャットがG1初制覇、愛ダービー馬ソヴリンは7着/海外競馬レース結果

2021年05月09日(日) 12:08

 現地時間8日、アメリカのベルモントパーク競馬場で行われたG1・マンノウォーS(4歳上・芝2200m・8頭立て)は、ハナを切った5番人気チャンネルキャット(牡6、J.ヴェラスケス騎手)が最後まで粘り込み、後方から追い込んだ1番人気グフォ(牡4、J.ロザリオ騎手)の追撃をハナ差退けて優勝した。勝ちタイムは2分13秒34(良)。

 2019年の愛ダービー(愛G1)覇者で、今回が米・C.ブラウン厩舎への移籍初戦だった2番人気ソヴリン(牡5、I.オルティスJr.騎手)は、行き脚つかず後方のまま7着に敗れた。

 チャンネルキャット(Channel Cat)は父English Channel母Carnival Kitten、母の父Kitten's Joyという血統。米国のJ.シスターソン厩舎の管理馬。

 重賞は2019年ボウリンググリーンS(米G2)に次いで2勝目で、G1は初制覇。通算成績は26戦6勝。

 父のEnglish Channelは米芝G1・6勝馬。2019年のマンノウォーSをチャンネルメイカーが制したのに続き、同産駒による連覇となった(昨年は中止)。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す