【京王杯SC枠順データ分析】連対馬20頭中15頭が5-8枠から。外枠優勢の一戦

2021年05月13日(木) 18:33

東京1400mでは外枠有利の傾向が表れている

 15日に東京競馬場で行われる京王杯スプリングカップ(4歳上・GII・芝1400m)について枠順・馬番別に検証していく。

 過去10年、馬番別では最多となる3回の馬券絡みが5番、9番、10番、12番、13番。2回で1番、4番、7番、11番、15番が続く。

 参考までに枠順による成績を比較すると下記の通り。

1枠 0-0-2-14/16 複勝率12.5% 複勝回収率23%
2枠 0-1-2-14/17 複勝率17.6% 複勝回収率54%
3枠 2-1-2-13/18 複勝率27.8% 複勝回収率127%
4枠 0-1-2-17/20 複勝率15.0% 複勝回収率50%
5枠 3-0-0-17/20 複勝率15.0% 複勝回収率52%
6枠 1-2-1-16/20 複勝率20.0% 複勝回収率46%
7枠 3-2-1-17/23 複勝率26.1% 複勝回収率138%
8枠 1-3-0-20/24 複勝率16.7% 複勝回収率70%

【内枠・外枠の比較】
1〜4枠 2-3-8-58/71 複勝率18.3% 複勝回収率64%
5〜8枠 8-7-2-70/87 複勝率19.5% 複勝回収率78%

 勝ち馬10頭中8頭が5〜8枠から出ており、5〜8枠が15連対。2着以上という点では圧倒的に外枠が優勢だ。一方、複勝率に大差がないことが示す通り、3着馬は10頭中8頭が1〜4枠の馬だった。

 5〜8枠で5番人気以内に支持された馬は[7-4-1-15]で複勝率44.4%、複勝回収率94%という好成績。一方で、1〜4枠で5番人気以内に支持された馬は[2-1-5-15]の複勝率34.8%、複勝回収率78%にとどまっており、2ケタ人気での馬券絡みも12年11番人気2着のレオプライムのみと、人気を問わず低調な成績となっている。

 東京芝1400mは内枠有利の印象を持っているファンも少なくないが、1枠は2番人気の2頭が3着しただけで、穴人気をした馬もことごとく馬券に絡めていない。過大評価は禁物だ。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す