【園田・のじぎく賞結果】クレモナが3馬身差で初タイトル獲得&長倉厩舎も重賞初制覇

2021年05月13日(木) 18:10

クレモナは重賞初制覇となった(撮影:稲葉訓也)

 13日、園田競馬場で行われた第59回のじぎく賞(3歳・牝・重賞・ダ1700m・1着賞金700万円)は、5番手インコースでレースを進めた田中学騎手騎乗の6番人気クレモナ(牝3、兵庫・長倉功厩舎)が最後の直線で先頭に立つとそのままゴールまで押し切り、逃げ粘る3番人気パールプレミア(牝3、兵庫・新子雅司厩舎)に3馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分53秒4(稍重)。

 さらに2馬身差の3着に4番人気リンガー(牝3、兵庫・土屋洋之厩舎)が入った。なお、1番人気エイシンウィンク(牝3、兵庫・坂本和也厩舎)は7着、2番人気ニジイロ(牝3、愛知・川西毅厩舎)は9着に終わった。

 勝ったクレモナは、父クラグオー母トゥバンその父アドマイヤドンという血統。このレースを勝って重賞初制覇を飾った。通算成績はこれで20戦3勝。また、同馬を管理する長倉功厩舎も開業18年目で待望の重賞を獲得した。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す