【ヴィクトリアM予想】グランやデゼルも危ない!? 延べ61戦1勝という信じがたい事実も

2021年05月15日(土) 18:30

GI3連勝で迎えた大阪杯の敗戦は初の2000mに重馬場。今回は主戦場のマイルに戻って巻返しは必至と思われるが…(C)netkeiba.com

 春の最強牝馬決定戦としてすっかり定着したヴィクトリアマイル、直線の長い東京芝1600mコースということで末脚自慢がそろうレースです。とくに前週の(同コースGI)NHKマイルカップでは派手な追い込みが決まることも少なくはないだけに、その再現を狙う向きも少なくはないのでしょう。

 しかし15年が経過して見えてきたヴィクトリアマイルの傾向は、意外なほどの前残り。"前走上がり最速、もしくは2位"でヴィクトリアマイルを勝てた馬は過去15年で2017年アドマイヤリードの1頭だけであり、延べ61戦1勝というちょっと信じがたい数字にもなっています。

 しかし上がり3ハロンのタイムが「速いから良くない」と言うのもおかしな話ですね。それだとヴィクトリアマイルを勝たせるために、直線はゆっくり走らせたほうが良いということにもなってしまいます。

 そうではありません。速く走るのが良くないのではなく、つまりは後方で末脚に賭けるようなレース運びが良くないということです。そこで調べてみたのが「4コーナー10番手以下」での勝ち鞍を持っていた馬の、ヴィクトリアマイルでの成績。やはりこれらの馬は人気を集める割に走れていませんでした。

 比べてみると、過去4コーナー10番手以下での勝ち鞍ありは、延べ117戦[4- 4-8-101]で勝率3%、単回収17%、複回収55%。逆に勝ち鞍なしは、149戦[11-11-7-120]で勝率7%、単回収119%、複回収146%という結果(※JRA競走のみ)になっていました。

 今年は、この「4コーナー10番手以下での勝ち鞍」を持つグループにデゼルグランアレグリアが入ってしまうという点を強調しておくべきでしょう。このデータこそがヴィクトリアマイルの予想に有効な"最初の一手"だと思うのですが、実はこれを発展させて"決め手の一撃"にまで昇華させる方法も考えています。それは天使のざわめきか、それとも悪魔のささやきか。

 闇雲にデータだけを見るのではなく、まずは仮説を立てて、そこから裏付けとしてのデータ・リサーチ。ウマい馬券では、ここからさらに踏み込んでヴィクトリアマイルを解析します。印ではなく『着眼点の提案』と『面倒な集計の代行』を職責と掲げる、岡村信将の最終結論にぜひご注目ください。
(文/岡村信将)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す