デアリングタクトが正式に宝塚記念断念 杉山晴師「時間はかかると思う」

2021年05月16日(日) 08:39

 デアリングタクト

 香港G1・クイーンエリザベス2世C後に右前肢繋靱帯炎を発症したデアリングタクト(牝4歳、栗東・杉山晴)が15日、宝塚記念(6月27日・阪神)への参戦を正式に断念することになった。杉山晴師は「(患部は)僕も初めてで、あまり例のない場所。詳しく検査してですが、時間はかかると思います。宝塚記念は無理ですね」と説明した。

 24日に滋賀県のチャンピオンズヒルズで着地検査終了後、栗東トレセンに戻して検査を行う予定。

関連情報

みんなのコメント

現在のコメント数

【重要】コミュニティ健全化の取り組みについて

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す