【水沢・留守杯日高賞】スマイルミュが叩き合いを制す 北海道勢のワンツー

2021年05月16日(日) 18:19

スマイルミュが2番手から抜け出し勝利(写真提供:岩手県競馬組合)

 16日、水沢競馬場で行われた第21回留守杯日高賞(3歳・牝・重賞・ダ1600m・1着賞金400万円)は、2番手でレースを進めた山本聡哉騎手騎乗の2番人気スマイルミュ(牝3、北海道・村上正和厩舎)が、直線で逃げる3番人気セカイノホシ(牝3、北海道・櫻井拓章厩舎)との叩き合いを制し、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分43秒6(良)。

 さらに1馬身差の3着に1番人気グロリオーソ(牝3、大井・佐野謙二厩舎)が入った。

 勝ったスマイルミュは、父マクフィ母セイユウスマイルその父ルールオブローという血統。通算成績はこれで12戦4勝(重賞1勝)。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す