【平安S】オーヴェルニュ圧巻レコード!楽勝6馬身差に福永「強かった」帝王賞参戦も

2021年05月23日(日) 09:00

 重賞2勝目を挙げたオーヴェルニュ

 「平安S・G3」(22日、中京)

 直線半ばからはオーヴェルニュの独壇場だった。ラスト300メートルで逃げたアメリカンシードをかわすと、あとは一方的に後続を突き放して6馬身差の完勝劇。1分54秒7の勝ちタイムは、従来の記録を1秒2も更新する堂々のコースレコードだ。初コンビを組んだ福永も、「強かったですね。考えていた以上にペースの速い競馬になりましたが、リズム良く走れました。逃げている馬が力のある馬なので、追走する安心感がありました」と満足げに振り返った。

 前走のフェブラリーSは、東京への長距離輸送が響いてマイナス16キロ。本来の実力を全く発揮することができず13着に終わった。その後は放牧でじっくり充電。今回はプラス14キロと馬体を回復させて送り込んだ。西村師は「手応えが良かったし、折り合いもついていた。砂をかぶらない位置で、というのも作戦通り」とジョッキーの好騎乗をたたえた。

 東海Sに続く2つ目のタイトルを獲得し、陣営にはうれしい悩みが。当初は年内の最大目標であるチャンピオンズC(12月5日・中京)へ向けて、エルムS(8月8日・函館)が次走候補に挙がっていた。しかし、トレーナーは「これで帝王賞(6月30日・大井)も考えないと」と語り、上半期のダート頂上決戦への参戦を検討するもよう。砂の王者を目指す快速馬の今後の動向から目が離せない。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す