【ベルモントS】ロンバウアーの鞍上、J.ヴェラスケスに決定

2021年05月24日(月) 12:30

 6月5日にニューヨーク州のベルモントパークで行われる、北米3歳3冠最終戦のG1ベルモントS(d12F)に出走するロンバウアー(牡3)の鞍上が、ジョン・ヴェラスケスに決まった。同馬を管理するマイケル・マッカーシー調教師が、22日(土)の夜に明らかにしたものだ。

 15日にメリーランド州のピムリコで行われた北米3歳3冠2戦目のG1プリークネスS(d9.5F)を制した際には、フラヴィエン・プラが騎乗したロンバウアーだったが、プラはベルモントSでは、ケンタッキーダービーで騎乗し3着となっているホットロッドチャーリー(牡3)に騎乗することを選択。一方、ジョン・ヴェラスケスがケンタッキーダービープリークネスSで手綱をとったメディーナスピリット(牡3)はベルモントSに出走せず、また、ベルモントS出走の可能性があったG1ケンタッキーオークス(d9F)勝ち馬マラサート(牝3)も回避することが決定。体が空くことになったヴェラスケスに、ロンバウアー陣営がオファーを出し、ヴェラスケスがこれを快諾したものだ。

 ヴェラスケスは、07年にラグズトゥリッチズで、12年にユニオンラグズでベルモントS制覇の実績があるが、このうちラグズトゥリッチズはトッド・プレッチャーの管理馬。07年当時、ロンバウアーのマイケル・マッカーシー師は、プレッチャー厩舎でアシスタントを務めていた。

(文:合田直弘)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す