ワンダフルタウン、日本ダービー最終追い切り速報/栗東トレセンニュース

2021年05月26日(水) 11:30

重賞2勝目を挙げて、日本ダービーに向かうワンダフルタウン(写真奥、撮影:井内利彰)

 今年初戦の青葉賞をしっかりと勝ち、重賞2勝目を挙げて、日本ダービー(5月30日・東京芝2400m)への出走を予定しているワンダフルタウン(栗東・高橋義忠厩舎)。今朝26日はレースに向けた最終追い切りを行っている。

 朝一番のCWコースで和田竜二騎手が騎乗。ロードセッションを4馬身ほど追走する内容だったが、道中のラップは決して遅くない。そのスピードに気持ちよく乗っていく感じで、3コーナーから4コーナーで前との差を少し詰めていく。

 最後の直線に向いたところでは、すぐに内から並びかけて、ラスト1Fの標識手前では一馬身ほど抜け出してくる。そこから追われるとしっかりと伸びて相手を突き放していく。結局、1秒以上先着する形でのフィニッシュとなった。

 時計は6F79.8〜5F65.3〜4F51.1〜3F37.6〜1F12.1秒。これまで5戦の最終追い切りはすべて坂路。それがCWでこの時計だから、大一番に向けて、最大限の負荷をかけてきたといってもよいだろう。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す