【目黒記念】ウインキートス 2馬身差圧勝 秋の飛躍を予感させる重賞初制覇

デイリースポーツ

2021年05月31日(月) 06:00

 目黒記念を制したウインキートス(右)=撮影・園田高夫

 「目黒記念・G2」(30日、東京)

 秋の飛躍を期待させる圧勝劇だった。日経賞15着から臨戦した8番人気ウインキートスが快勝。道中2番手を追走から3番手以降を大きく離して4コーナーを迎えると、持ったままで先頭へ。最後は後続に2馬身差をつけて重賞初Vを果たした。

 殊勲の立役者となった丹内は前走について「不利があっての結果で、やれる期待はあった」と説明。今回はリベンジに燃えていた。「今回は逃げた馬の後ろで折り合って、抜け出してからも最後まで集中していた」と気性面の成長を実感する。

 宗像師も「きょうのレースを見て改めて長距離適性があると。今後もこのあたりの距離がいいかも」と手応えをつかんだ様子。今後については未定とはいえ、主戦は「また乗せてもらえれば…。秋が楽しみになりました」とニンマリ。さらなる大舞台で、これまで以上の走りを見せつけるつもりだ。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す