【さきたま杯レース後コメント】アルクトス田辺裕信騎手ら

ラジオNIKKEI

2021年06月03日(木) 21:04

アルクトスを勝利に導いた田辺裕信騎手(c)netkeiba.com、撮影:高橋正和

浦和競馬場(天候:曇、馬場:良)で行われたダートグレード競走の第25回さきたま杯は12頭によって争われた。道中5番手につけた1番人気のJRAアルクトスが外から進出して、ゴール前で差し切った。勝ちタイムは1分24秒9。鞍上はJRA田辺裕信騎手

半馬身差の2着には2番人気のJRAエアスピネル、さらに2馬身半差の3着には3番人気のJRAワイドファラオが入った。4着にも4番人気の川崎ベストマッチョが入り、上位は人気順通りの決着となった。

勝ったアルクトスは、父アドマイヤオーラ母ホシニイノリヲ(その父シンボリクリスエス)という血統の牡6歳、鹿毛馬。JRA美浦・栗田徹厩舎の管理馬。通算成績は21戦9勝。重賞は2019年のプロキオンステークス、2020年のマイルチャンピオンシップ南部杯に続いて3勝目となった。

レース後の関係者のコメント

1着アルクトス 田辺裕信騎手
「大きい馬なので、小回りに対応できるかと思いましたが、馬に助けられました。余力がある状態で直線を迎えたので、状態が良かったのだと思います。スタートは上手な馬ですが、スタートセンスが問われるレースだったので、内枠は嬉しくなかったです。それでも上手くカバーできて、脚を使えるポジションまで上がれて良かったです。

エアスピネルの手応えが良さそうでしたが、馬の力を信じて外へ回しました。直線に向いて進路ができて、どれだけ踏ん張れるかと思いましたが、辛抱してくれました」

1着アルクトス 栗田徹調教師
フェブラリーステークス後はここを目標にして、かしわ記念はパスしました。今年はJBCが金沢で行われるので、小回りの1400mで試しておきたかったのです。もう少し(前に)行けるかなと思いましたが、1400mで良い位置を取れませんでした。しかし、外々に進路を取って勝つことができて、今後につながる内容だったと思います。

作戦という作戦はなかったのですが、この馬本来の力を出せるようにハードな調教もこなしてくれましたし、馬が頑張ってくれました。競馬が上手ですし、このような馬場状態も合っていたと思います。パサパサのダートは良い結果が出ませんでしたが、少し湿っているような状態が向いていたかなと思います。この後は夏休みを迎えて、大きな舞台に向かえればと思います」

2着エアスピネル 鮫島克駿騎手
「小回りの1400mの流れを意識して、取りたいポジションを取れました。忙しい流れの中でも脚を溜めるところを作って、一瞬の切れ味を生かしたレースができました。しかし、悔しいです」

3着ワイドファラオ 福永祐一騎手
「3番手からスムーズな競馬ができました。4コーナー辺りからある程度進出していって、良いかなと思いましたが、1、2着馬が強かったです。それでも最後まで頑張っていましたし、良い頃に戻っていると思います」

4着ベストマッチョ 森泰斗騎手
「描いていた通り、良いレースができました。このレースは例年手薄になりがちですが、今年はメンバーが揃って時計も速かったです。最後の100mの踏ん張りが課題ですが、良いレースをしてくれました」

9着ノボバカラ 戸崎圭太騎手
「気持ち良く走っていないというか、力を出しきれていない感じです」

(取材:米田元気)

関連情報

みんなのコメント

現在のコメント数

【重要】コミュニティ健全化の取り組みについて

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す