【安田記念予想】相手筆頭と思われた2年前チャンピオンに潜む落とし穴/JRA重賞レース展望

2021年06月05日(土) 18:30

2年前の春秋マイル王はこの馬。果たして、前走上がりコンマ2秒の差は6歳馬ゆえの衰えなのか(撮影:下野雄規)

 昨年は、前走のヴィクトリアマイルで0.7秒差の圧勝を遂げたアーモンドアイが、単勝1.3倍の圧倒的な人気に推されるも、2着に破れる波乱。これで1人気は過去5年連続で敗退したことになります。一方、連覇を狙ったインディチャンプも3着。おなじくヴィクトリアマイルを0.7秒差で勝ち、前年の覇者でもあるグランアレグリアが、昨年は中9週での出走だったローテから、今回は中2週と詰まったことを克服できるかに注目でしょう。

「人気馬を素直に信頼して良いかわからない」、「穴をあけそうな人気薄の馬が知りたい」。 そんな時に役立つのが、ケシウマの予想バイブル『パーフェクト消去法』です。過去10年のデータから導き出した消去法で、あなたの馬券検討をサポートします。

 先週のダービーでは、【注目馬】のステラヴェローチェが9人気3着!桜花賞でもファインルージュが8人気3着! 大阪杯ではモズベッロが6人気2着!また、【残った馬】も皐月賞では2人気エフフォーリアと8人気タイトルホルダーがワンツーを決め、馬連4,300円の好配当になりました。GIにも強いケシウマに、今週もご期待ください。

 ここでは、安田記念の消去条件のうち1つを紹介します。

【条件:前走1400m以下戦で上がり3位以下】
■実績:[0-0-0-27]
■複勝率:0%
■該当馬:インディチャンプラウダシオン
(過去の主な該当馬:16年ロサギガンティア5人気9着、15年ダノンシャーク5人気10着)
■解説:一見、長い直線が舞台なこともあり、少し不利にも思える距離延長馬だが、過去10年では5勝と互角の戦いにもちこんでいる。馬場が高速化すると、とくに有利に働く傾向もあるので、今年も注目だろう。ただし、延長組は前走が上がり1〜2位だった場合には[5-3-1-11]だったのに対して、3位以下では[0-0-0-27]と大不振な点には注意したい。※データは過去10年間を対象。

 上位人気と予想されるインディチャンプが消去データに該当しました。一昨年の覇者で、昨年も3着とコース実績のある有力馬です。前走の高松宮記念では、上がり1位タイの2頭には0.2秒及ばない上がり4位での3着ですから、過去傾向が覆る可能性はあるのかもしれません。それでも、そのわずかな差こそが6歳馬ゆえの衰えだと考えるならば、ここは思い切って割り引く手もありそうです。

 さらに、残りの条件は『パーフェクト消去法』にて公開中です。はたして、グランアレグリアの勝利と連覇はなるのか? あるいは今年も、4歳馬による下剋上か? ケシウマの予想バイブルを、ぜひお役立てください。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す