【エプソムC】サトノフラッグ、もどかしい現状 国枝師「軽さが欲しい」

2021年06月09日(水) 11:33

 調教を終え、引きあげるサトノフラッグ(右端)

 「エプソムC・G3」(13日、東京)

 サトノフラッグは21年2戦がAJCC11着、金鯱賞7着と、20年の勢いが見られない。

 国枝師は「調教はやっているので、体はできていると思う。ただ、なんとも分からないなあ。もともとどっしり構えているタイプとはいえ、やる気というか軽さが欲しい気がする」と、もどかしい現状に首をひねっていた。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

アクセス数

もっと見る

    注目数

    もっと見る

      ニュースを探す