【門別競馬情報】JRA北海道シリーズも始まる中、絶好調つづくホッカイドウ競馬。今週ラスト開催のメイン12Rは「ウインブライト賞」/地方競馬情報

2021年06月10日(木) 11:30

インディーズルアーは久しぶりに勝機を掴むことができるのか(ユーザー提供:あごあごさん)

 引き続き売上好調なホッカイドウ競馬・門別グランシャリオナイター開催。一昨日8日(火)=5回門別・1日目=を終えた時点で、今季の総発売額は早くも「120億円」を超え、過去最高となった昨年度の「シーズン520億円余」をさらに大きく更新しそうなペースで開催が進んでいる状況です。

 生産界を支える役割も担っている「馬産地競馬」の人気向上は、生産・育成関係者にとっても非常にありがたいことです。大手・中小を問わず生産界全体がその「持続的発展」を願っているホッカイドウ競馬。まだシーズン序盤ではありますが、今週末からはJRA北海道シリーズも始まりますし、引き続き「馬産地競馬」を応援していただければ嬉しい限りです。よろしくお願い致します!

 さて今週のラスト開催、10日(木)のメイン12RはJBC協会協賛のスタリオンシリーズ「生産牧場賞」のウインブライト賞(B4-C1-1組・1600m内回り)です。8頭立てと落ち着いた頭数ながら、上位候補の各馬が前走5月27日の12R「Be a Jockey特別」を走った面々であることが特徴的。ダートグレード競走の第25回北海道スプリントカップJpnIII(優勝ヒロシゲゴールド)の後の最終レースということで、御覧になった皆様も少なくないかもしれませんが、ハナを切った3歳せん馬リュミエールが一頭次元の違う走りで2着を2秒3(大差)も引き離す圧勝を決めた一戦でした。

 そこに出走していた2着以下の各馬は、道中付いて行くのに脚を使ってしまい、ラスト大バテという形も見られたわけですが、その勝ち馬が抜けた組合せとなれば、接戦での決着も十分に考えられそう。ハナを切りたいインディーズルアーが自分のリズムで運んで久しぶりに勝機を掴むのか、はたまた好位から早めの押し上げで勝利に近づきたいアーススカイウインエルカミーノスプレーモゲレイロ。さらには差し脚を活かせる流れになってほしいプモリテソーロペイシャガンセ等々、上位候補が五指には収まりきらないメンバー構成です。

 ウインブライト賞の発走時刻は20時35分、今週ラストの門別グランシャリオナイター競馬をぜひお楽しみ下さい!

(文:ひだか応援隊)

関連情報

みんなのコメント

現在のコメント数

【重要】コミュニティ健全化の取り組みについて

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す