【地方競馬】新種牡馬ディーマジェスティ、ポアゾンブラックの産駒が初勝利

2021年06月09日(水) 21:28

現在はアロースタッドでけい養されている新種牡馬ディーマジェスティ(ユーザー提供:ねねこさん)

 9日の門別2R・2歳未勝利(ダ1000m・9頭立て)でスージー(牝2、北海道・佐々木国明厩舎)が1着となり、新種牡馬ディーマジェスティの産駒が中央、地方を通じての初勝利を果たした。

 ディーマジェスティ父ディープインパクト母エルメスティアラ、母の父ブライアンズタイムという血統。

 現役時代はJRA・美浦の二ノ宮敬宇厩舎に所属し、2016年の皐月賞を8番人気で制覇。そのほかに重賞は同年の共同通信杯セントライト記念を制した。

 また、同日の門別6R・JRA認定フレッシュチャレンジ(ダ1100m・11頭立て)ではミラコロカルミア(牡2、北海道・安田武広厩舎)が1着となり、同じく新種牡馬ポアゾンブラックの産駒も中央、地方を通じての初勝利を果たした。

 ポアゾンブラック父マイネルラヴ母サンライトチーフ、母の父チーフベアハートという血統。

 園田で6戦5勝の戦績を収めたのち、JRA・栗東の本田優厩舎に移籍し、2014年の南部杯2着などダート短距離で活躍。晩年は北海道の田中淳司厩舎に移籍し、門別で重賞2勝をあげた。

関連情報

みんなのコメント

現在のコメント数

【重要】コミュニティ健全化の取り組みについて

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す