【東京ダービーレース後コメント】アランバローズ左海誠二騎手ら

ラジオNIKKEI

2021年06月09日(水) 22:02

左海誠二騎手騎乗のアランバローズが東京ダービーを制覇(撮影:高橋正和、(c)netkeiba.com)

9日(水)、晴・良馬場の大井競馬場で行われた南関東3歳三冠の第二弾となる第67回東京ダービー(SI・2000m・出走16頭)は、好スタートから今日も逃げた1番人気のアランバローズがそのまま押し切り、南関東の3歳世代の頂点に立った。勝ちタイムは2分06秒6。

4コーナー2番手から迫った12番人気のギャルダルが3/4馬身差で2着、さらにクビ差で10番人気のブライトフラッグが追い込んで3着に入り、羽田盃に続く二冠を狙ったトランセンデンスは11着、悲願の東京ダービー制覇へ39回目の騎乗だった的場文男騎手トーセンマッシモは10着だった。

勝ったアランバローズ父ヘニーヒューズ母カサロサーダ(その父ステイゴールド)という血統の3歳牡馬で、通算成績は8戦6勝。昨年無敗で全日本2歳優駿(JpnI)を制した後、ここ2戦は敗れていたが東京ダービーで鮮やかに2歳王者の力を見せた。騎乗した左海誠二騎手は8年ぶり2度目、管理する船橋の林正人調教師は昨年のエメリミットに続き2年連続3回目の東京ダービー制覇となった。

<レース後の関係者のコメント>
1着 アランバローズ(左海誠二騎手)
「最高の気分です。この馬の持ち味を出して先行して、気持ちよく、リズムよく走らせる事だけを考えていました。道中はリズムを崩さないことだけを考えていましたが、思いのほか向正面でペースを落とせて、一番いい形になったと思います。直線は最後まで頑張ってくれ、頑張ってくれ、と思って最後まで油断せずに追っていました。関係者の皆様には感謝の気持ちでいっぱいなので、終わってからしっかり頭を下げようと思います。

 前回1800mの羽田盃でゴール前差されたので、ちょっと距離が長いのかなと思ったんですけど、今日の2000mでも自分の形で、自分のペースで走れたことは、この馬の能力を感じました。久々にお客さんが入った中でレースが出来て本当に楽しくて、しかもダービーを勝つことが出来て本当に嬉しく思います」

2着 ギャルダル(矢野貴之騎手)
「惜しかったです。イメージ通りでしたし、3・4コーナーでは勝つかもと思いました。理想通りに運べて折り合いもバッチリでした。向正面で流れが遅くなった分、前に残られた感じです。もう1段ギアがありそうですし、今後さらに前進できるはずです」

3着 ブライトフラッグ(本橋孝太騎手)
「集中して走れていました。ただ、3コーナーで前にいた2頭(チサットマカベウス)を信頼しすぎたかも知れません。その2頭が進んで行かず、あそこで前との差が開いてしまいました。4コーナーでは狭い所に入りながらも集中して走っていましたし、良い脚で来ていただけに悔しいです」

6着 ギガキング(和田譲治騎手)
「3コーナー過ぎで少し手応えが怪しくなりましたが、直線に向くとまた頑張ってくれて踏ん張ってくれました。強気に競馬をして行けましたし、折り合いもつきました。多少距離(の影響)があったかもしれません」

11着 トランセンデンス(森泰斗騎手)
「外枠ということもありましたが、見えない疲れがあったのかも知れません。この前猛時計で走った後ですし、それくらいしか考えられません」

(取材:大関隼)

関連情報

みんなのコメント

現在のコメント数

【重要】コミュニティ健全化の取り組みについて

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す