ディアドラが受胎 父は仏G1馬で同国ダービー馬出したウートンバセット

2021年06月12日(土) 06:00

英G1ナッソーSを制したディアドラ(提供:racingfotos.com、(c)netkeiba.com)

 国内外でG1・2勝を挙げ、今春から繁殖入りしたディアドラが、けい養先のアイルランドで仏G1馬ウートンバセットの子どもを受胎した。

 現役時代に同馬を管理していた橋田師は「ガリレオを2回つけたけど、年齢的なものか、受胎しなくて、同じクールモアスタッドのウートンバセットに変更しました。フランスのダービーアルマンゾルとかも出しているお父さんだし、どんな子ができるか楽しみだね」と期待していた。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

アクセス数

もっと見る

    注目数

    もっと見る

      ニュースを探す