【ユニコーンS】ピンクカメハメハは急性心不全のため死亡

2021年06月20日(日) 21:35

2走前にサウジダービーを制したピンクカメハメハ

 20日の東京11R・ユニコーンS(GIII)に出走したピンクカメハメハ(牡3、栗東・森秀行厩舎)は、向正面で転倒。急性心不全のため死亡した。

 落馬した北村宏司騎手は、府中市内の病院へ搬送された。診断名は後日の発表になるとのこと。

 ピンクカメハメハは父リオンディーズ母タバサトウショウ、母の父ダンシングブレーヴ。17歳上の半姉にGI・3勝馬スイープトウショウがいる血統。

 2走前にサウジアラビアのサウジダービーを制覇。森厩舎としては前年のフルフラットに続く、同レース連覇を達成した。通算成績は9戦2勝(うち海外2戦1勝)。

(JRAのホームページより)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

アクセス数

もっと見る

    注目数

    もっと見る

      ニュースを探す