【海外競馬】香港のタイムワープとグロリアスフォーエバーが引退 全兄弟でともに香港C制覇

2021年06月26日(土) 17:11

写真左は2018年香港Cを制したグロリアスフォーエバー。右は同年3着のタイムワープ(撮影:高橋正和)

 全兄弟でともに香港カップ(香G1)を制したタイムワープ(Time Warp、セ8、香・A.クルーズ厩舎)とグロリアスフォーエバー(Glorious Forever、セ7、香・W.ソー厩舎)が、現役を引退することがわかった。

 香港ジョッキークラブの公式Twitterで、25日に発表された。

 タイムワープグロリアスフォーエバーはともに、父Archipenko(その父Kingmambo)、母Here To Eternity、母の父Stormy Atlanticという血統。

 タイムワープは2017年香港Cワーザーネオリアリズムを抑え、G1初制覇。そのほか2018年・2020年の香港ゴールドCも制し、G1通算3勝。通算成績は53戦12勝。

 グロリアスフォーエバーは2018年香港Cで、ディアドラタイムワープを抑えて戴冠。2019年香港C(6着)以降は実戦から遠ざかっていた。通算成績は23戦6勝。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す