【英・エクリプスS】今年の仏二冠馬セントマークスバシリカが年長馬撃破、ミシュリフは3着/海外競馬レース結果

2021年07月04日(日) 10:59

 現地時間3日、イギリスのサンダウン競馬場でG1・エクリプスステークス(3歳上・芝1990m・4頭立て)が行われた。

 道中は3番手を進んだ1番人気セントマークスバシリカ(St Mark's Basilica、牡3、R.ムーア騎手)が直線で外から脚を伸ばし、前を行く3番人気アデイブ(セ7、T.マーカンド騎手)、2番人気ミシュリフ(牡4、D.イーガン騎手)をかわして先頭へ。最後は2着アデイブに3.1/2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは2分10秒87(稍重)。

 ハナを切ったアデイブは、直線で一度はミシュリフにかわされるも、これを差し返しての2着。前走ドバイSCクロノジェネシスらを破ったミシュリフはさらにクビ差の3着に敗れた。

 セントマークスバシリカは父Siyouni(その父Pivotal)、母Cabaret、母の父Galileoという血統。アイルランドのA.オブライエン厩舎の管理馬。

 昨年のデューハーストS(英G1)、今年の仏2000ギニー(仏G1)、仏ダービー(仏G1)に続きG1・4連勝。今回約4.5kg差という斤量の恩恵もあったが、年長馬との初対戦でも見事な勝利を収めた。通算成績は8戦5勝。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す