インティの父ケイムホームが死亡「九州の馬産発展に大きく貢献」

2021年07月10日(土) 10:09

19年のフェブラリーSを制したケイムホームの代表産駒インティ(撮影:下野雄規)

 日本軽種馬協会の九州種馬場で繋養されていたケイムホーム(牡22)が8日、急性腹症のため死亡したことがわかった。

 ケイムホーム父Gone West(その父Mr.Prospector)、母Nice Assay、母の父Clever Trickという血統の米国産馬。現役時代はアメリカで競走生活を送り、2〜3歳時にかけてパシフィッククラシックなどG1・3勝を含む重賞8勝をマーク。

 12戦9勝の成績をあげ、引退後の2003年、米国のレーンズエンド・ファームにて種牡馬入り。日本には2008年に導入され、同年より静内種馬場で供用、2018年からは九州種馬場で供用されていた。 19年フェブラリーS(GI)を制したインティ、16年の武蔵野S(GIII)を勝ったタガノトネール、12年ファンタジーS(GIII)を制したサウンドリアーナという3頭の重賞ウィナーを送り出した。

 また、母の父としては海外で19年アシュランドS(米GI) 勝ちのOut for a Spin、18年マーキュリーC(JpnIII)2着のヨシオ、19年道営記念を制したリンノレジェンドなどが国内で活躍している。

(九州種馬場 本田博代壽氏のコメント)
「今年の種付シーズンを無事に終えたところで、突然の別れとなり大変残念です。普段は温厚で扱いやすい反面、オスとしての強さ、根性を持っていた馬でした。

 私自身、種牡馬管理の大変さを多く学びました。これまで、九州の馬産発展に大きく貢献してくれました。残された産駒の今後の活躍を期待いたします。これまでケイムホームをご支持頂いた皆様に心より感謝申し上げます」

(日本軽種馬協会のホームページより)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

アクセス数

もっと見る

    注目数

    もっと見る

      ニュースを探す