新種牡馬ザファクター、日本けい養時の産駒がJRA初勝利

2021年07月10日(土) 12:49

日本けい養時の産駒がJRA初勝利をあげた新種牡馬ザファクター(ユーザー提供:あやみつさん)

 10日の福島1R・2歳未勝利(ダ1150m・11頭立て)でナックドロップス(牝2、美浦・杉浦宏昭厩舎)が1着となり、2018年に1期だけ日本でけい養された新種牡馬ザファクターの産駒が、この世代のJRA初勝利を果たした。

 ナックドロップス母ティアドロップス、母の父サンデーサイレンス。半兄に重賞3勝馬マイネルラクリマがいる血統。

 前走は東京芝1400mの新馬戦で15着。ダート替わりの今回で一変の走りを見せ、単勝82.0倍(10番人気)での初勝利を果たした。

 ザファクターは父War Front母Greyciousness、母の父Miswakiという血統。現役時代は米G1・2勝。海外けい養時の産駒にはJRAオープン馬のサンノゼテソーロなどがいる。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

アクセス数

もっと見る

    注目数

    もっと見る

      ニュースを探す