【セレクトセール】藤田晋氏が15・4億円爆買い「ウマ娘」社長「競馬界に還元できれば」

2021年07月13日(火) 10:00

 藤田晋氏が3億円で落札した「ファイネストシティ20」

 「セレクトセール2021」(12日、ノーザンホースパーク)

 1歳馬242頭が上場した初日の競りで、大物実業家が存在感を示した。(株)サイバーエージェントの代表・藤田晋氏(48)が、ミリオンホース7頭を含む12頭を落札。総取引額15億4100万円と、羽振りの良さを見せつけた。なお、19年に急死したディープインパクトのラストクロップは4頭が上場したものの、「ゴーマギーゴー20」の3億円が最高額。思いのほか“冷静な”取引となった(※価格は全て税抜き)。

 まさに“爆買い”だ。初日の1歳馬セリで、藤田晋氏が計12頭、総額にして15億4100万円を落札。5月に行われた千葉サラブレッドセールで「プレミアステップス19=ドーブネ」(牡2歳、父ディープインパクト、栗東・武幸)を4億7010万円で落札して沸かせた大物実業家(馬主登録認可は20日)が、日本最大のセールでまたもや話題をさらった。

 まずは「サンタフェチーフ20」(牡、父リアルスティール)を1億6000万円で落札すると、返す刀で「ワイルドラズベリー20」(牝、父エピファネイア)を7800万円でゲットした。

 小休止を挟んだ後「メジロオードリー20」(牡、父ハービンジャー)、「ヴィンテージローズ20」(牡、父エピファネイア)をそれぞれ5600万円、2億円で落札。その後も「ベルアリュール220」(牡、父ドゥラメンテ)や、「メジロツボネ20」(牡、父ハーツクライ)など、きょうだいにG1馬がいる良血馬を1億円超えで競り落とした。

 極めつけは3億円でハンマーが落ちた「ファイネストシティ20」(牡、父ロードカナロア)。初日の最高額タイをはじき出し、藤田氏は「馬ごとに予算を決めていて、この馬は3億円を超えたら降りようと思っていた。非常にうまくいきました」と笑顔で振り返った。

 同氏が代表を務めるサイバーエージェントの子会社サイゲームスは人気アプリ「ウマ娘 プリティダービー」などを手掛ける。「向こう30年は馬主をやるつもりで、1年目でしっかり土台を作ろうと思っていた。ウマ娘がヒットしたので、競馬界に還元できれば」。20年来、憧れを抱いた馬主へのステップ。まずは順調に歩を進めた。

◆「ウマ娘 プリティーダービー」とは、実在する競走馬名を冠した“ウマ娘”と呼ばれる美少女キャラクターを育成するスマホアプリ、PCゲーム、アニメ、およびメディアミックスプロジェクト。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す