【セレクトセール2021】ハーツクライの最終世代やGI馬の弟、新種牡馬の産駒などが上場

2021年07月13日(火) 09:55

今年の当歳が初年度産駒となるレイデオロ(写真は種牡馬展示会にて、撮影:田中哲実)

 2021年7月12、13日の2日間、北海道苫小牧のノーザンホースパークで行われる日本最大のセリ市・セレクトセール。本日13日に行われるのは2021年生まれの当歳セール。その注目馬を紹介する。

■上場番号301:ファイネストシティの2021(牡)
 父レイデオロ母ファイネストシティ、その父City Zipという血統。誕生日は2021年2月8日、生産牧場、飼養者はノーザンファーム。

 トップバッターは新種牡馬レイデオロ産駒。昨年の種付け数は196頭と新種牡馬の中ではトップ。12日の1歳セールでは藤田晋氏が半兄(父ロードカナロア)を3億円で落札しただけにこの馬の評価にも注目が集まる。

■上場番号329:コールバックの2021(牡)
 父Frankel母コールバック、その父ストリートセンスいう血統。誕生日は2021年3月21日、生産牧場、飼養者はノーザンファーム。

 母コールバックはラスヴィルヘネスS(米G1・ダ8F)を制しており、近親にはケンタッキーダービー馬・スーパーセイヴァー(父Maria's Mon)がいる。父Frankel産駒からは国内でも芝もダートでもGI馬が誕生しており期待される。

■上場番号342:シーズアタイガーの2021(めす)
 父ハーツクライ母シーズアタイガーその父Tale of the Catいう血統。誕生日は2021年1月20日、生産牧場、飼養者はノーザンファーム。

 全兄は2020年のセレクトセールで高い評価を受け2億9700万円の高額で落札された。父はこの2021年産がラストクロップとなるハーツクライで、当歳セールでは3頭が上場される。

■上場番号361:ラヴズオンリーミーの2021(牡)
 父ハーツクライ母ラヴズオンリーミーその父Storm Catいう血統。誕生日は2021年2月25日、生産牧場、飼養者はノーザンファーム。

 母ラヴズオンリーミーからはリアルスティールラヴズオンリーユーとGI馬が2頭出ている。セレクトセールではラヴズオンリーユー(2017年1億7280万円)、プロディガルサン(2014年1億9440万円)の2頭が落札されている。リザーブ価格も1億円が設定されており当歳セールの本命候補。

■上場番号398:ヤンキーローズの2021(牡)
 父ロードカナロア母ヤンキーローズ、その父All Americanいう血統。誕生日は2021年2月1日、生産牧場、飼養者はノーザンファーム。

 母ヤンキーローズは豪州2歳、3歳牝馬チャンピオンに輝きG1・2勝を挙げている。父ディープインパクトの半姉は2019年セレクトセールで2億2680万円(税込)で取引された。父がロードカナロアに替わった本馬も姉同様に高い評価を得る可能性が高い。

■上場番号428:セルキスの2021(牡)
 父キズナ母セルキスその父Monsunいう血統。誕生日は2020年3月6日、生産牧場、飼養者はノーザンファーム。

 母セルキスは海外でドイツオークストライアル(独G2・芝2000m)を制している。半兄には2019年皐月賞(GI・芝2000m)2着、日本ダービー(GI・芝2400m)3着のヴェロックス(父ジャスタウェイ)がいる。ノーザンファーム生産のキズナ産駒は1歳セールでも人気があり、その傾向は当歳でも続くとみる。本馬は5代までにクロスのないアウトブリードなのは興味深い。
※価格はすべて税込

関連情報

みんなのコメント

ニュースコメントを表示するには、『コメント非表示』のチェックを外してください。

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • 『コメント非表示』にチェックを入れると、すべてのニュース記事においてコメント欄が非表示となります。
  • ※チェックを外すと再びコメント欄を見ることができます。
    ※ブラウザを切り替えた際に設定が引き継がれない場合がございます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す