【セレクトセール2021】2日間の売上は225億超!総売上、当歳セッションとも最高額更新

2021年07月13日(火) 19:45

4億1000万円で落札されたセルキスの2021(提供:日本競走馬協会)

 2日間にわたって開催される「セレクトセール2021」の2日目が13日、北海道苫小牧のノーザンホースパークで行われた。

 当歳セッションとなるこの日は230頭が上場され、213頭が落札。売上は109億2300万円(以下、金額は全て税抜で表記)で、過去最高額の97億8400万円(19年)を大幅に上回った。落札率は92.6%、1頭平均は5128万円。2日間の総売上は225億6100万円で、これも過去最高額205億1600万円(19年)を大きく凌ぐレコードとなった。

 1億円を超える高額落札馬は24頭(うち2億超え7頭)。その中でも最高落札額となったのが、「セルキスの2021」(牡、父キズナ)。「ホウオウ」の冠名で知られる小笹芳央氏が、4億1000万円で落札した。母セルキスは独GII勝ち馬。半兄に19年皐月賞2着、日本ダービー3着のヴェロックスがいる。

 2番目の高額馬は「ヤンキーローズの2021」(牡、父ロードカナロア)。冠名「ダノン」の(株)ダノックスが、3億7000万円で落札した。母ヤンキーローズは豪GI・2勝。半姉にあたるディープインパクト産駒ロムネヤ(デビュー前)は、19年の当歳セッションにて牝馬最高額の2億1000万円で落札されている。

 種牡馬引退により、今年の当歳が最終世代となるハーツクライの産駒にも注目が集まった。「ラヴズオンリーミーの2021」(牡、父ハーツクライ)は、3番目に高額の2億8000万円でABCマート創業者の三木正浩氏が落札。半兄に16年ドバイターフ覇者リアルスティール、半姉に今年のクイーンエリザベス2世CなどGI・2勝のラヴズオンリーユーがいる血統。

 ハーツクライ産駒は他に2頭上場され、「シーズアタイガーの2021」(牝、父ハーツクライ)は金子真人ホールディングス(株)に、「ラブリーベルナデットの2021」(牡、父ハーツクライ)はサイバーエージェント社長の藤田晋氏に、いずれも2億円で落札された。「シーズアタイガーの2021」は本日の牝馬最高額だった。

 楽しみな新種牡馬の産駒も多く上場した。17年の日本ダービーレイデオロの初年度産駒は、1億8000万円の「モルガナイトの2021」(牡、父レイデオロ)など億越えが5頭。他にも、19年の米国年度代表馬ブリックスアンドモルタルの初年度産駒「ランズエッジの2021」(牡、父ブリックスアンドモルタル)が1億500万円、16年有馬記念などGI・2勝サトノダイヤモンドの産駒「ポジティブマインドの2021」(牡、父サトノダイヤモンド)が1億8000万円で落札されている。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

アクセス数

もっと見る

    注目数

    もっと見る

      ニュースを探す