【ジャパンダートダービー予想】今夜発走3歳ダートの頂上決戦! 上位混戦の中でAI指名の激走注目馬は/GI展望

2021年07月14日(水) 15:00

鞍上は引き続き、昨年ダノンファラオで優勝し、嬉しいGI初勝利を飾った坂井瑠星騎手。自身の連覇もかかる(撮影:下野雄規)

 関東オークスケラススヴィアの三冠を阻み、優勝したウェルドーンの参戦で、初の牝馬Vを決めるかに注目が集まっている今年の3歳ダート頂上決戦ジャパンダートダービーが発走します。ここでは、オッズ的には上位陣混戦のGIで、netkeibaオリジナルのビッグデータを活用したAI競馬予想が弾き出した、激走注目馬を紹介します。
 
 中央からトライアル勝ち馬が3頭。兵庫CSで重賞初制覇のリプレーザに、関東オークスで人気に応えて3連勝の牝馬ウェルドーン、そして大混戦のユニコーンSをキレ脚で突き抜けたスマッシャー。牝馬初Vはあるのか、中央の実績馬が勝つのか、あるいは東京ダービー組の南関馬が飛び込むのか。

 レースのペースを予測し、各馬の脚質・各馬の最終走破タイムを算出。走破タイムの速い順に印を打つAIが、netkeibaが保有するすべてのレース情報を読み込んだ上で弾き出したのは、スマッシャーでした。

【netkeibaAIの注目馬】
馬名:スマッシャー
鞍上:坂井瑠星
総合指数:69.72 (全13頭中1位、2位は61.29)

 デビュー戦は芝での出走だったものの、2戦目以降はダートで戦ってきたスマッシャー。転向初戦こそ11着と大敗したものの、全7戦して[3-2-1-1]と馬券を外したのはその一度のみ。前走ユニコーンSで重賞初制覇し、ここに進んできました。

 その前走は雨の影響が残った馬場で前半600mが34.0秒というハイペースの展開。中団から直線で先に抜け出したサヴァを捉えてレースレコードでの勝利でした。ダートではこれまで1400m以下の距離のみを使ってきた中で、距離延長で結果を残したことから陣営も「さらに距離が伸びても良い」と見立てています。

 直近の4走はすべて上がり最速と直線のキレ脚が強みのスマッシャーだけに、大井ならその強みを発揮できるコースです。本日も重馬場見込みで、今の大井の高速馬場もこの馬にとってはメリット。

 管理するのは昨年新規開業の吉岡辰弥厩舎。名門・角居厩舎で経験を積んだ期待の若手調教師です。厩務員時代には、サートゥルナーリアをはじめ活躍馬のほとんどを担当したという師。開業1年目に14勝を挙げ、賞金2.4億円を獲得。今年も現時点で20勝を挙げ収得賞金は3.2億円まで積みあがっている状況で、すでに若手厩舎の筆頭として認識されている斉藤崇史厩舎の1年目1.4億円、2年目2.9億円という流れと比較しても相当早く、ブレイクの可能性はかなり高いでしょう。

 その調整過程としては、前走後は在厩調整の後、7日にCWで併せ馬を消化。前走同様ラスト重視で追走から先着の内容。直前は10日の坂路で57.4秒-12.8秒と、馬なりで軽快な動きを見せていて順調な様子です。

 そもそもユニコーンSのウイナーは2015年のノンコノユメ以来、6年連続で後にGI馬となっています。それだけレベルが高いレースで、スマッシャーもその仲間入りとなる可能性は大きいとみます。

 新たなデータを取り込むたびに学習し、回収率が向上しているnetkeibaオリジナルAI。その他の馬を含めた全順位付け、解説はウマい馬券で公開中です!

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

アクセス数

もっと見る

    注目数

    もっと見る

      ニュースを探す