【大井・JDD】スマッシャー吉岡師「折り合いもつくので距離はこなせると思います」/ねぇさんのトレセン密着

2021年07月14日(水) 14:30

ユニコーンSに続いて3歳ダート王の座を狙うスマッシャー(撮影:下野雄規)

 14日夜は大井競馬場ジャパンダートダービーが行われます。

 中でも注目しているのはスマッシャーユニコーンSを快勝し、このJDDに焦点を定めました。

「決め手があるのがいいですね。折り合いもつくので2000mという距離はこなせると思います」と吉岡師。

 未勝利勝ちから1勝クラス、端午S、そしてユニコーンSとすべてメンバー中、上がり最速を決めていて、この脚が使えるようになりました。このあたりから調教に前向きさが出てきたようですが、急上昇してからの安定ぶりには目を見張るものがあります。

 気になるのは前走のユニコーンSで1分34秒4というレコードタイムを記録したことによる反動ですが、「前走の疲れはありましたが、調子落ちはなさそうです」(田嶋助手)ということ。中間の調整もこれまでの坂路中心にCWで追い切る調教パターンを崩すことなく進めていますし、レース後の立ち上がりもユニコーンSでの疲れを加味して行っています。休み明け3戦目ですが、体調に問題はないと思います。

 大井の10ハロンといえば、差しもバッチリ決まるコース。スマッシャーの着実な末脚がカクテル光線の中で決まる姿が見たいです。期待しています!

(取材・文:花岡貴子)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

アクセス数

もっと見る

    注目数

    もっと見る

      ニュースを探す