【パリ大賞】愛ダービー馬ハリケーンレーンが6馬身差の圧勝!/海外競馬レース結果

2021年07月15日(木) 21:47

 現地時間14日に、フランスのロンシャン競馬場でG1・パリ大賞(3歳・芝2400m・11頭立て)が行われた。

 レースは道中2番手につけた1番人気ハリケーンレーン(Hurricane Lane、牡3、W.ビュイック騎手)が最後の直線で逃げるザメディタレイニアン(牡3、W.ローダン騎手)をかわすと後は独走状態。道中はハリケーンレーンのすぐ後ろで脚を溜めていた2着のワーズワース(牡3、O.ペリエ騎手)に6馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分33秒59(重)。

 3着には後方から一頭、猛然と追い込んできたアレンケル(牡3、J.ドイル騎手)が入った。

 ハリケーンレーンは父Frankel母Gale Force、母の父Shiroccoという血統。イギリスのC.アップルビー厩舎の管理馬。デビューから3連勝で今年のダンテS(英G2)を制覇。英ダービー(G1・3着)で初の敗戦を喫したが、続く愛ダービー(G1)を優勝。今回のパリ大賞制覇でG1連勝を果たした。

 この結果を受けて、ブックメーカー各社は凱旋門賞(G1・芝2400m)でのハリケーンレーンのオッズを変更。英ブックメーカー『bet365』のオッズでは、15日時点でG1・5勝馬ラヴ(牝4、Love)と英オークスを16馬身差で圧勝したディープインパクト産駒スノーフォール(牝3、Snowfall)に並び、5.5倍で1番人気タイとなっている。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

アクセス数

もっと見る

    注目数

    もっと見る

      ニュースを探す