【函館記念】亀田、サトノエルドールで真のG獲る 葵Sで重賞初V、今度は格も

デイリースポーツ

2021年07月16日(金) 07:00

 重賞初Vへ意気込むサトノエルドール

 「函館記念・G3」(18日、函館)

 5月の葵S(レイハリア)でJRA重賞初Vを飾った亀田温心騎手(20)=栗東・北出=が、函館記念サトノエルドールとのコンビで出陣する。葵SはG3の格付けが見送られたため表記は「重賞」。今度は「G(グレード)」のついたタイトル奪取へ意気込んでいる。さらに土曜の函館2歳Sにはリトスがスタンバイ。この週末は大きな飛躍のきっかけをつかみそうだ。

 まさにビッグチャンスだ。デビュー以来、土日の重賞に連続騎乗するのは初めて。しかも、2頭とも勝機のある馬なのだから、亀田が燃えないわけがない。

 函館記念サトノエルドールとの初コンビで臨む。前哨戦の巴賞でVに導いたルメールが、今回はカフェファラオに騎乗するため、有力馬とタッグを組むチャンスが巡ってきた。「函館で結果を出していますからね。今回は抜けた馬もいないと思いますし、チャンスは十分にあると思います」とVのイメージを描く。

 そして、どうしても勝ちたいモチベーションがある。葵Sを勝ったものの、格付けを見送られた重賞だった。「僕自身は葵Sの勝利はうれしかったのですが、いろいろな人から“G”がついていないねと言われました」と振り返る。さらに2着馬とは際どい鼻差で勝利の実感も薄かった。「接戦だったので勝った気がしなくて…。だから、次は絶対に勝っていると確信できる勝ち方ができたらいいですね」と強い意気込みを示した。

 函館2歳Sのリトスは、デビューから2戦連続でコンビを組む。「(馬体は)小さいけどスピードを感じる馬。追い切りの雰囲気は良かったし、今回は控える競馬になるかもしれないけど、番手からでもレースはできます」とこちらも手応えは十分だ。

 自身を含め団野、菅原明、斎藤と重賞勝ちが4人、さらに勝ち頭の岩田望は既にJRA152勝をマークしている。同期のライバルたちに負けていられない。「まだ納得できる騎乗ができていない。だからこそ今週しっかり結果を出してアピールしたいですね」。熱い闘志で期待に応えてみせる。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す