【中京記念予想】「夏は牝馬」の格言に待った! 格も勢いもある人気牝馬が消去条件に該当/JRAレース展望

2021年07月17日(土) 06:05

前走ヴィクトリアマイルではグランアレグリアには離されたものの3着にクビ差4着。同舞台での好走もあるが…(撮影:小金井邦祥)

 今年もサマーマイルシリーズの第2戦に組まれていますが、舞台は小倉の芝1800m戦に替わっています。そこで今年の最重要レースは、2月に行われた同舞台戦の小倉大賞典でしょう。また時期を考慮するならば、昨夏の小倉日経オープンも参考にすべきかもしれません。

「人気馬を素直に信頼して良いかわからない」、「穴をあけそうな人気薄の馬が知りたい」。 そんな時に役立つのが、ケシウマの予想バイブル『パーフェクト消去法』です。過去10年のデータから導き出した消去法で、あなたの馬券検討をサポートします。

 先週は、距離が1400mから1700mと大きく替わったプロキオンSで、【残った馬】のメイショウウズマサが12人気3着。また最近では、函館から札幌に舞台を移した函館スプリントSで、【残った馬】が1〜3着!そして今年の最高配当は、おなじく【残った馬】の6頭で決着し、3連単が96万1,790円となった日経新春杯でした。条件変更にも強いケシウマに、今週もご注目ください。

 ここでは、中京記念の消去条件のうち1つを無料公開します。

【条件:前走6人気以下の牝馬(前走上がり1〜2位馬は除く)】
■実績:[0-0-0-20]
■複勝率:0%
■該当馬:アバルラータディアンドルミスニューヨーク
(過去の主な該当馬:20年ギルデッドミラー1人気6着、トロワゼトワル4人気17着、18年ワントゥワン3人気5着)

「夏は牝馬」の格言もあるが、過去10年では[0-2-1-27]と未勝利。まだ、本格的な夏には少し遠いのかもしれない。そして前走が6人気以下と低評価だった場合には、好走確率は急落する。例外は、前走で上がり1〜2位と鋭い末脚をみせていた馬だけである。ちなみに、今年とおなじ小倉1800m重賞の小倉大賞典でも、過去10年で牝馬は[0-1-1-17]とふるわない。そちらは2月の冬場ではあるが、舞台が替わっても牝馬が急に活躍する要素はあまりなさそうだ。※データは過去10年間を対象(なお、20年は阪神1600m、12〜19年は中京1600m、11年は小倉2000mで実施。そして本年は開催が小倉1800mに変更)

 上位人気も予想されるディアンドルが消去データに該当しました。3走前には今回と同舞台の小倉大賞典で3着の実績のある馬です。しかもその次走では福島牝馬Sを制し、前走のヴィクトリアマイルでも4着と好走しています。つまり、格も勢いも兼ね備えた馬ですが、前走は14人気で上がりも10位。このパターンに該当した前走GI組は、昨年のギルデッドミラートロワゼトワル、18年のワントゥワンが人気で凡走しており、強くは推しにくい状況です。

 さらに、残りの条件は『パーフェクト消去法』にて公開中です。過去傾向が使えるのは、マイルの中京記念か、それとも同舞台の小倉大賞典なのか。ケシウマの予想バイブルを、ぜひお役立てください。

---
函館では競馬&競輪のW重賞!予想を見て抽選で当たる豪華グルメキャンペーンも開催中!


関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

アクセス数

もっと見る

    注目数

    もっと見る

      ニュースを探す