過去100年最大着差で愛オークス圧勝、スノーフォール次走はヨークシャーオークスへ

2021年07月18日(日) 13:22

スノーフォールを管理するA.オブライエン師(撮影:高橋正和、撮影日は2019年9月14日)

 前走のオークス(英G1)をレース史上最大・16馬身差で制したのに続き、17日の愛オークス(愛G1)も8.1/2馬身差の圧勝を飾ったスノーフォール(Snowfall)。今回の圧勝劇は、1905年に10馬身差で勝利したブレイクスタウン以来。すなわち過去100年あまりにおいては、愛オークスの最大着差となる。

 レース後にA.オブライエン調教師が語ったところによるとスノーフォールの次走は、8月19日にイギリスのヨーク競馬場で行われるヨークシャーオークス(3歳上牝・G1・芝2370m)へ。同レースは昨年、同じA.オブライエン厩舎のラブが制覇。2017年と2019年には歴史的名牝エネイブルが制している。

 A.オブライエン調教師と、鞍上のR.ムーア騎手は、スノーフォールを次のように評した。

A.オブライエン師「信じられないような血統の、信じられないような牝馬だ」

R.ムーア騎手「ハイクラスの牝馬で、素直で、自分のやるべきことをやった」

 スノーフォールは父ディープインパクト母ベストインザワールド、母の父Galileo。伯母に2016年の凱旋門賞ファウンドがいる血統。日本のノーザンファームの生産馬(欧州で生産者の基準となる母馬所有者はRoncon, Chelston Ire & Wynatt)。通算成績は10戦4勝。

(英競馬メディア『Racing Post』より)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

アクセス数

もっと見る

    注目数

    もっと見る

      ニュースを探す