【海外競馬】ゴール板誤認、先頭で追うのを止め差される 英見習騎手が28日間騎乗停止

2021年07月18日(日) 21:59

 イギリス競馬で騎手がハロン棒をゴール板と誤認し、先頭で追うのを止め、差されて2着に敗れる事象があった。

 “事件”が起きたのは、17日にドンカスター競馬場で行われたハンデ戦(芝2040m・5頭立て)。

 2番人気アエリオンパワー(牡3、M.クレハン騎手)が直線で先頭に立ち、一旦は後続に1馬身以上の差をつけたが、鞍上が残り1/2ハロン(100m)のハロン棒をゴール板と誤認し、追うのを止めてしまう。

 そこで脚いろが鈍ったアエリオンパワーを、3番人気コロニークイーン(牝5、C.ビーズリー騎手)が猛追。観客が騒然となる中、ゴール前でコロニークイーンがアエリオンパワーをとらえ、クビ差をつけて優勝した。

 アエリオンパワー鞍上のマーク・クレハン騎手には7月31日から8月27日まで、28日間の騎乗停止処分が課された。同騎手は2018年デビューの見習騎手。イギリスで昨年1勝から、今年は現時点で38勝をあげる躍進を果たしていた。

(英競馬メディア『Racing Post』より)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

アクセス数

もっと見る

    注目数

    もっと見る

      ニュースを探す