【地方競馬】最後のトウカイテイオー産駒キセキノテイオーが7歳でデビューへ

2021年07月20日(火) 21:31

キセキノテイオーの父トウカイテイオー。93年有馬記念では、およそ1年ぶりの出走で勝利した(撮影:下野雄規)

 競走馬としては異例の、7歳でデビューを目指しているトウカイテイオー産駒キセキノテイオーが、22日の門別1R(ダート1000m)でデビューすることがわかった。

 同馬は1度目の競走能力・発走調教検査(以下、能検)では基準走破タイムをクリアできなかったが、先月28日、門別競馬場で行われた2度目の能検で突破。93年有馬記念で364日ぶりに勝利し、奇跡の復活劇を成し遂げた父トウカイテイオーを彷彿とさせる不屈の闘志で、悲願のデビューにこぎつけた。

 母キセキノサイクロン、母の父エアダブリンという血統。トウカイテイオー最後の産駒として、“奇跡の帝王”となれるか、今後の行方が注目されている。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

アクセス数

もっと見る

    注目数

    もっと見る

      ニュースを探す