【新潟2歳S 血統データ分析】さまざまな種牡馬が台頭するなか、ダイワメジャーが複数頭の好走馬を送り出す

2021年08月26日(木) 12:50

新潟2歳Sで期待できる血統とは?

 29日に新潟競馬場で行われる新潟2歳S(2歳・GIII・芝1600m)について血統・種牡馬別に検証していく。

 過去10年で最多となる4回の馬券絡みがダイワメジャー。次点で2回のハーツクライディープインパクトが続く。昨年は種牡馬として初出走となったGleneaglesの産駒が勝利していたが、2歳重賞らしく血統傾向が幅広いことも特徴と言えるだろう。

 ダイワメジャー産駒は[1-2-1-9]。17年に1着フロンティア、2着コーディエライトとワンツー決着を果たすほか、15年3着マコトルーメン、19年2着ペールエールが馬券圏内に入線。さまざまな種牡馬が台頭するなか、定期的に好走馬を送り出している実績は評価に値するものだろう。今年はセリフォスが出走を予定している。

 キングカメハメハ産駒は[1-0-0-1]。14年ミュゼスルタンは当時のコースレコードを0秒1更新する好タイムで勝利をつかんでいた。なお、後継種牡馬の産駒も上位を賑わせており、キングカメハメハ系[2-0-1-7]としても存在感を示しつつある。同産駒にはスタニングローズが該当。

 ハービンジャー産駒は[0-0-0-1]。唯一の出走例となる16年モーヴサファイアは1人気ながら8着と凡走しており、下級条件を含めてみても新馬[3-2-3-9]、新馬以外[0-3-0-56]と好走例が新馬に集中している傾向は気になるところ。今年はアライバルが上位人気と目されるだけに、改めて種牡馬としての真価を問われそうだ。

 クロフネ産駒は[0-0-0-5]。データ集計期間外を含めても[0-0-0-7]と3着以内への好走例はないが、09年スプリングサンダーは12人気5着、3着馬とはハナ+クビのタイム差なしで入線していた。今年は上位人気を担うクレイドルが出走予定。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す