【セントウルS】レシステンシア 迫力満点の動き 松下師「トラブルなく来られた」

デイリースポーツ

2021年09月02日(木) 06:00

 迫力満点の走りを披露したレシステンシア(撮影・佐々木彰尚)

 「セントウルS・G2」(12日、中京)

 ヴィクトリアM6着以来のレシステンシアは1日、栗東坂路で単走。強めに追われて4F51秒7-36秒9-12秒0と、さすがG1馬と思わせる迫力のある動きを披露した。

 松下師は「攻め駆けするタイプですが、しっかり動けていました。何のトラブルもなく来られたのが何より」と順調さを強調。今回はルメールとの再タッグ。「乗ったことがあるし、心配はしていません。次のG1へ向けて好レースを」と期待した。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す