【海外競馬】フランスの清水裕夫調教師が重賞初制覇!イソップが3000mのG3制す

2021年09月03日(金) 19:01

 現地時間2日、フランスのパリロンシャン競馬場で行われたG3・リュテス賞(3歳・芝3000m・5頭立て)で、イソップ(Esope、牡3、S.パスキエ騎手)が1着となり、日本人の清水裕夫調教師が重賞初制覇を果たした。

 清水調教師はフランス・シャンティイで開業4年目。凱旋門賞に出走予定の日本馬ディープボンドの受け入れ先となっている。

 1日の未勝利戦では管理馬フォールインラヴ(Fall In Love、牝2)の鞍上に坂井瑠星騎手を起用し、同騎手にフランス初勝利をもたらした。

 イソップは父Galiway(その父Galileo)、母Polemique、母の父Poligloteという血統。通算成績は12戦2勝。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

アクセス数

もっと見る

    注目数

    もっと見る

      ニュースを探す