【海外競馬】アグネスゴールド産駒、牡牝ともブラジル・サンパウロ四冠の初戦を制覇

2021年09月05日(日) 14:28

 現地時間4日、ブラジルのシダーデジャルディン競馬場で行われたイピランガ大賞(3歳・G1・芝1600m)でオルフェネグロ(Orfeu Negro、牡3、B.ケイロス騎手)、ピラシカーバ男爵大賞(3歳牝・G1・芝1600m)でオリンピックラスパルマス(Olympic Las Palmas、牝3、B.ケイロス騎手)が優勝し、アグネスゴールド産駒が牡牝ともサンパウロ四冠競走の初戦を制した。

 イピランガ大賞を制したオルフェネグロは2着に6.1/4馬身差の圧勝。ピラシカーバ男爵大賞は短頭差の2着にハットトリック産駒マカダミアが入り、日本調教馬の産駒ワンツーとなった。

 アグネスゴールド父サンデーサイレンス母エリザベスローズ、母の父ノーザンテーストという血統。現役時代は2001年のスプリングS(GII)、きさらぎ賞(GIII)を制した。

 種牡馬入りした後は日本、アメリカを経てブラジルへ。リオ三冠牝馬ジャネールモネイ、同二冠牝馬マイスキーボニータ、アルゼンチンとアメリカでG1を制したアイヴァーなど、南米G1勝ち馬を複数頭輩出している。

※馬齢は現地表記に準ずる。

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す