サラブレッド生産頭数が減少傾向にある北アメリカ

2021年09月13日(月) 11:55

 北アメリカにおける2022年のサラブレッド生産頭数は、速報値で1万8700頭と、前年と比べて頭数にして500頭余りの減少、パーセンテージで2.6%程度の減少となる見通しであることが明らかになった。9日(木曜日)に、ザ・ジョッキークラブが発表したものだ。

 生産頭数の減少は、2016年以来6年連続のことだ。また、1万8700頭というのは、1965年の1万8846頭を下回り、ここ半世紀ほどの間では最少頭数となる。

 北アメリカにおけるサラブレッド生産頭数は、1950年代半ばに初めて1万頭の大台を突破。その後も増産傾向が続いたが、増加のペースが一気に上がったのが1980年代で、1986年には歴代最多の5万1296頭を記録。その後は減産期に入り、2022年の速報値を1986年と比べると、36%程度まで縮小することになった。

 今後も引き続き減少傾向が続けば、競馬における出走頭数の減少や、競走数の減少。さらには、競馬場数の減少といった状況が発生することが懸念されている。

(文:合田直弘)

関連情報

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をタップすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

新着ニュース

競輪を手軽に楽しもう!netkeirin

ランキング

ニュースを探す